PICK UP!

能登杜氏の心が生きる不易流行の酒造り

東近江市 喜楽長醸造元「喜多酒造」

「醸-かもす-」2015年5月号掲載

 「まだ30代やったころ、お酒の会をした時に、ご夫婦で本当においしそうに飲まれていた妙齢のご婦人に『喜楽長を飲むと心が優しくなるんですよ』といっていただいて、もう嬉しくてね」。

 文政3年(1820年)創業「喜多酒造」の喜多良道社長が理想とする酒は、味とキレがありつつ、柔らかく滑らかさがあり、人の心を優しくするお酒だという。

 妙齢の夫人に優しさを伝えたお酒を醸したのは、昭和30年から平成17年まで喜多酒造で杜氏を務めた能登杜氏、天保正一氏だ。

 「父亡きあとの私にとって、天保さんは父親のような存在で、酒造りのことも天保さん

から教わりました」。

 父親は38歳の若さで他界した。14歳で父親を亡くした喜多社長にとって、天保氏は父替わりであり酒造りの師匠でもある。そんな信頼関係を基に、常に新しい何かを取り入れて、市場や時代にあわせた酒造りを続けてきた。

 その姿勢は今も変わらない。近年は縁あって、地域開発運動や産学連携にも携わるようになった。琵琶湖の内湖である西の湖に浮かぶ島状の飛び地「權座」で栽培した米で醸した純米吟醸酒や、田んぼに魚道を設置し、生き物と人が共生できる農業・農村の形を復活させる取り組み「魚のゆりかご水田」で栽培したコシヒカリを使った純米吟醸酒「月夜のゆりかご」(1800ml・3000円/720ml・1500円/ともに本体価格)は地域開発運動の一端を担うお酒だ。

 純米大吟醸酒「湖風」は滋賀県立大学との連携から生まれたお酒。初めて5年目の取り組みは、学生たちのフィールドワークだけに留まらない効果も出始めた。

 「酒類業界に進む学生たちもいて、そんな話を東京の酒販店さんとしてると、ぜひ人材をほしいという話になってきましてね、志のある若い人をご紹介していく。そういうこともやって行きたいなと思ってます」。

 5年後、喜多酒造は大きな節目の年を迎える。

 「私ども地酒蔵というのは、販売してくださる方たちはじめ、地域や風土、地域の人達に育んでいただいて今に至るわけです。そういう方たちへの感謝を込めて、今後どういう道を進むべきかということをご提示できるような、そんな200年でありたい」。

 若い社員も増えつつあり、後を継ぐ長女ももうすぐ帰ってくる。節目の年が新たな何

かを導いているのかも、そう思わせるようなタイミングで創業200周年を迎える。

 「心を磨き技を磨き米を磨く」。天保杜氏が盛んに口にした言葉だという。能登杜氏の思いを胸に、時代にあわせて変化を続け、研ぎ澄まされた伝統を積み上げていく不易流行の精神で、優しさが伝わるお酒を醸していく。

喜多酒造 〒527‐0054 滋賀県東近江市池田町1129

TEL 0748(22)2505/Fax 0748‐24‐0505

/HP(http://kirakucho.jp/

※本記事の内容は日付等の記載がない限り「醸-かもす-」掲載時点でのものであり、将来にわたってその真意性を保証するものでないこと、掲載後の時間経過等にともない内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

関連記事

  1. 思いを言葉に紡ぎ出すお酒の力

  2. Vol.15 ハイランドラインに建つグレンゴイン

  3. Vol.6 スコットランドと日本のシングルモルト

  4. 当たり前の努力に隠れた努力と誠意

  5. 黒ラベル奮闘記 第四回 ~大屋均④~

  6. 古の知恵足場に一歩ずつ

  7. Vol.16 スコッチのメッカ、スペイサイド

  8. 忘れられない27年前の感動

  9. 黒ラベル奮闘記第5回 ~大屋均氏⑤~

Futures articles

  1. 様々に楽しめるコニャック
  2. 「お酒」とはなにか 〜アルコール飲料が醸すもの〜
  3. Try me,Drink me,Love me
  4. 滋賀の地酒は玉手箱 キラキラ輝く豊かな個性
  5. 古の知恵足場に一歩ずつ

人気記事

PAGE TOP
error: Content is protected !!