注目の記事 PICK UP!

Vol.1 トワイスアップで楽しむ個性

きのした ともかず/ウイスキー文化研究所認定 ウイスキーレクチャラー。社内セミナーを機にウイスキーの魅力に目覚める。2022年5月現在、アサヒビール中部統括本部営業企画部で業務用の販促企画などを担当している。

 ハイボールにしても、これまでは和食にも洋食にも合い、爽やかで飲みやすく止渇性もあるという、ハイボール自体の魅力を楽しむ方が多かったように思うのですが、最近は自分の好きなウイスキーをハイボールでじっくりと楽しむという方が増えてきていて、一過性のブームでは終わらないなという思いが強くなってきました。

 一言でウイスキーといっても生産される地域も様々で、原料や蒸溜方法、熟成させる気候や樽の違いなどによって、まさに千差万別の特徴と味わいがあります。その多彩なウイスキーの世界をご紹介させていただくことで、一人でも多くの方にウイスキーに興味を持っていただき、実際に体験していただければと願っております。

 そこで今回は、ウイスキーの個性や魅力をより分かりやすく味わっていただける飲み方として、常温のウイスキーと軟水を1対1で割る「トワイスアップ」という飲み方をご紹介させていただきます。

 なぜトワイスアップかと申しますと、ウイスキーの個性を知るのに最適な飲み方だからです。アルコールには度数が高ければ高いほど、多くの香りをうちに閉じ込めることができるという特性があるのですが、トワイスアップにすると度数は約半分になり、アルコール成分が保持していた香りが解き放たれ、ストレートの状態よりも、より多くの香りを感じることが出来るようになるというわけです。

 弊社が販売させていただいている「竹鶴ピュアモルト」を例にしますと、「竹鶴ピュアモルト」の個性である青リンゴや洋ナシ、杏、グレープフルーツといった醸造由来の香りとトーストしたパンのような香ばしい原料由来の穀物の香りが、ストレートの時よりも前面に出てきて、より強く「竹鶴ピュアモルト」の個性を感じていただけるかと思います。

 氷を入れた水割りやオンザロックでも度数は下がるのですが、冷たくしすぎると香りが少し損なわれてしまうことがあるので、まず常温のトワイスアップで楽しんでいただいてから、お好みの飲み方でお楽しみいただければ。竹鶴ピュアモルトは、ハイボールによく合うウイスキーでもあります。青リンゴなどのフレッシュさを感じる香りや味わいが、ハイボールの爽やかさと非常によく合うのです。トワイスアップで一度それらの香りを体感していただければ、そういった特徴をよりお楽しみいただけると思います。ぜひお試しください。

「竹鶴ピュアモルト」
余市蒸溜所と宮城峡蒸溜所の、二つのモルトをヴァッティングしたピュアモルトウイスキー。容量:700ml、500ml、180ml、50ml。アルコール分43%。オープン価格

関連記事

  1. 朝のビールに込められた愛社精神

  2. 黒ラベル奮闘記 第二回 ~大屋均②~

  3. 黒ラベル奮闘記 第一回 ~大屋均①~

  4. 忘れられない27年前の感動

  5. 当たり前の努力に隠れた努力と誠意

  6. Vol.5 ブレンデッドへの新たな挑戦

  7. 黒ラベル奮闘記 第四回 ~大屋均④~

  8. Try me,Drink me,Love me

  9. Vol.2 ケルト民族のたくましさとウイスキー

PAGE TOP
error: Content is protected !!